東京都下の葬儀

東京都下の葬儀

葬儀の種類
社葬・合同葬


社葬とは、会社の社長や会長が亡くなったときに行うもので、会社が主体となって行う葬式スタイルです。一方、合同葬は、家族と会社が共に施主となり行う葬儀スタイルとなり、社葬の中のひとつのスタイルです。
葬儀社の選び方は事前に確認しておくことをお勧めしますが納得のいく契約をしましょう


合同葬は、一般の葬儀と同じく、お通夜と告別式を行い荼毘に付す流れとなり、同族会社などで多く見かける葬儀です。 また、お通夜と告別式、火葬で荼毘に付して初七日法要までは家族で行い、その後に会社が主体の葬儀を行う社葬もあります。

この場合、遺族主体の葬儀から数週間の期間を開けて行うのが一般的です。 よく派手で盛大な社葬を見かけることもありますが、必ずしもお金をかけて盛大に行わなければならないという決まりはありません。 家族葬や一日葬などと同様、社葬も規模や形式ではなく、故人を温かく送りたいという気持ちが大切でしょう。

ホテルなどで「偲ぶ会」や「お別れ会」という形で食事をしながら、故人を偲ぶというスタイルの社葬を希望する方も増えています。 一般的な社葬の場合、「葬儀委員会」なるものを設置することとなります。この委員会が中心となり、社葬の準備から運営までを仕切ります。葬儀委員長が代表者となり、葬儀の決定権や責任を担いますが、委員長は会社の顔となりますので、会長が亡くなられたのであれば社長が、社長が亡くなられた場合は、副社長や次期社長候補が委員長となります。

また、通常は会社の役員全員が葬儀委員となり、葬儀委員会を構成します。 ただし、実際に企画や実務を担当するのは葬儀実行委員会となります。実行委員会の中で、受付をはじめ案内、会計、来賓世話役などの係を分担しますが、多数のお手伝いが必要となります。

そのため、経験の浅い方が多い会社などの場合は、人数が不足することもありますので、そのときは葬儀業者に相談をすればサポートしてくれるはずです。 社葬にかかる費用は、その規模によりかなり差があります。たとえば、参列者が500名ほどなら500万円前後かかる場合もあり、ご会葬者の予定数、会場などにより異なります。。

急な葬儀では慌ててしまいますが、納得できる葬儀社の選び方を確認しておくことをお勧めします。良い葬儀社の条件はいくつか挙げられますが、単に価格が安いということだけでなく対応がしっかりしていて丁寧な対応を行っている業者選びを実践しましょう。葬儀に関して深い知識を持っているという方は多くはありませんから、こちら側が求めている以上の説明をしてくれると安心できるでしょう。何にいくらかかって、どのような内容の葬儀になるかが分かれば納得して契約できます。


<ご参考:葬儀斎場(東京都下)>
八王子市の方は、火葬場併設の八王子市斎場・南多摩斎場を利用する事が多いです。
立川市・昭島市・国立市の方は、各式場から立川聖苑を利用する事が多いです。
武蔵野市・三鷹市・調布市・小金井市・小平市・東村山市・国分寺市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・西東京市の方は、火葬場併設の多磨・日華斎場を利用する事が多いです。
青梅市の方は、火葬場併設の青梅市火葬場を利用する事が多いです。
府中市の方は、火葬場併設の府中の森市民聖苑を利用する事が多いです。
町田市・日野市・多摩市・稲城市の方は、火葬場併設の南多摩斎場を利用する事が多いです。
福生市・武蔵村山市・羽村市の方は、火葬場併設の瑞穂斎場を利用する事が多いです。


町田 不動産

Calendar