神奈川県(他市・町)の葬儀

神奈川県(他市・町)の葬儀

葬儀全体の流れその2

危篤からご臨終⇒納棺⇒お通夜⇒告別式⇒出棺⇒火葬⇒遺骨安置までの、一般的な葬儀全体の流れについてお話します。

葬儀社の選び方は事前に決めておくことをしましょうというのをお勧めします


1.危篤・ご逝去 危篤を告げられたら、まずは近親者へ連絡を入れます。その際、ご連絡の範囲は三親等までの親族を目安とします。ご連絡する際には、「喪主」「葬儀の形式、規模、予算」「葬儀業者の連絡先」などを伝えておきましょう。 葬儀業者へ連絡を入れれば、寝台車で病院や施設などへ故人をお迎えに行きます。

2.お迎え(搬送) 故人をご自宅へ安置される場合、業者がお布団の準備をしてくれます。マンションや団地などの集合住宅の場合は、連絡した際にエレベーターの有無も伝えておくといいでしょう。

3.ご安置 病院や施設などからご遺体を搬送する先を決めます。ご自宅への安置が一般的に望ましいとされていますが、難しければ業者にご安置できる施設をご紹介してもらいましょう。 安置が終われば、ご近所の方やご友人の方などが弔問されてもいいように簡易祭壇を飾ります。

4.お打合せ 安置が終わり、葬儀業者と以下のような内容を決めるため打合せを行います。 ・通夜や告別式の日程や式場などの場所 ・火葬する時間 ・葬儀の形式(仏式なのか神式、友人葬にするのかなど) ・葬儀の規模と予算 ・飲食などの量 ・僧侶や牧師などへの連絡 ・香典返しの内容

5.納棺 故人の旅仕度をし、棺に納める儀式を納棺といいます。納棺の前に業者にお願いして湯灌やラストメイクを行うことが多く、棺には故人の愛用品などを納めます。

6.通夜 通夜の流れは、ご会葬者受付⇒導師読経⇒ご焼香⇒通夜振る舞いが一般的です。

7.告別式 告別式の流れは、ご会葬者受付⇒導師読経⇒ご焼香⇒会葬御礼のご挨拶⇒ご出棺となり火葬場へ向かいます。

8.火葬(荼毘) 火葬場では、血縁の深い方より順番に橋渡しの儀を行います。最後にご収骨します。

9.精進落とし 火葬が終わると精進落としとなります。お手伝いして下さった方々や僧侶、関係者の方々を施主が接待します。

10.遺骨安置 精進落としが終わり、ご自宅へ戻って「遺骨」「写真」「位牌」をご安置します。ご自宅へお供えする生花や返礼品の予備なども持ち帰りましょう。

身内の不幸は突然起こることもあります。そうなると慌ただしくなり、葬儀社の選び方も病院などの言いなりになってしまい、後になって悔やむこともしばしばです。そうならないためにも、生前からしっかり葬儀社を調べておくことをお勧めします。たとえば自宅の近くにある葬儀社は地域密着型ですし、近所ゆえに打ち合わせをするのにも便利です。また近所にそういったところがない場合は、知人や友人、お寺や自治体などに尋ねるという方法もあります。そしてインターネットでも検索できるので、そういったものを併用することで情報を仕入れ、その中で一番良さそうなところを利用するようにしましょう。


<ご参考:葬儀斎場>
相模原市の方は、火葬場併設の相模原市営斎場を利用する事が多いです。
横須賀市の方は、火葬場併設の横須賀市中央斎場を利用する事が多いです。
三浦市の方は、各式場から三浦火葬場を利用する事が多いです。
鎌倉市・逗子市・葉山町の方は、火葬場併設の小坪火葬場を利用する事が多いです。
大和市・海老名市・座間市・綾瀬市の方は、火葬場併設の大和斎場を利用する事が多いです。
愛川町の方は、火葬場併設の愛川聖苑を利用する事が多いです。
厚木市・清川村の方は、各式場から厚木市斎場を利用する事が多いです。
藤沢市の方は、火葬場併設の藤沢聖苑を利用する事が多いです。
秦野市・伊勢原市の方は、各式場から奏野斎場を利用する事が多いです。
茅ヶ崎市・寒川町の方は、火葬場併設の茅ヶ崎市斎場を利用する事が多いです。
平塚市・大磯町の方は、各式場から平塚市聖苑を利用する事が多いです。
中井町・大井町・松田町・山北町・開成町の方は、各式場から小田原市斎場・奏野斎場を利用する事が多いです。
二宮町・南足柄市・小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町の方は、各式場から小田原市斎場を利用する事が多いです。
城山町の方は、火葬場併設の相模原市営斎場・愛川聖苑を利用する事が多いです。
藤野町の方は、火葬場併設の相模原市営斎場・八王子市斎場を利用する事が多いです。


町田 不動産

Calendar