暗い気持ちではなく明るい気持ちで故人を送る音楽葬

暗い気持ちではなく明るい気持ちで故人を送る音楽葬

近年、いろいろな葬儀形式が誕生する中、音楽葬は多くの人たちに支持されている葬儀の1つだと思われる。支持される理由は色々あると思うが、私が思う1番の理由は『暗くならない』ことであるように思う。葬儀とは重苦しい空気で行われるものである。それこそ『悼む』というより『痛む』ように。しかし、音楽葬であれば選曲にもよるが、音楽の持つ力で参列者の心の痛みは和らぐ。音楽葬には規定のルールや制限はない。故人や遺族が望む形での音楽葬であれば、どんな音楽を流しても構わないのだ。つまり故人が生前に『自分の音楽葬では参列者の方に笑顔でいて欲しい』と遺言を残していれば、サンバのように陽気な音楽を流しても構わないのだ。その際は参列者が面食らわないように事前に『陽気な音楽葬で故人を送りたい』旨を伝えておいた方が良い。


お勧めします!葬儀社の選び方を変えて良いお葬式をしましょう


楽器や曲の自由なアレンジで故人を偲ぶ音楽葬

音楽葬で用いられる楽器などは個人葬や団体葬など、それぞれの形態によって自由なアレンジが可能です。例えば、個人の音楽葬の場合は、友人や知人たちがピアノやギターの生演奏を行ったり、弦楽4重奏団でバイオリン、ヴィオラ、チェロの同時演奏や、CD・カセットテープなどで曲を会場に流したりする事が多いようです。一方、団体音楽葬ですが、中クラス編成の管弦楽団の演奏や、合唱団の献歌などが中心になっています。音楽葬で演奏される音楽はクラッシックの曲、例えば夢、アベ マリア、別れの曲、カノン、ラルゴ、G線上のマリアから、故人の生前の好みの演歌や、民謡、童謡に至るまで、様々な曲がジャンルを問わず幅広く活用されているのが、音楽葬の特徴と言えます。

音楽葬・家族葬・無宗教葬について

誰でも納得のいく良いお葬式を行いたいものです。しかしいざその時になると、何をどうしていいのかわからないという方が多いと思います。 そもそも良い葬儀社の選び方とは、どういうものでしょうか。 まずはどのようなお葬式にしたいのかはっきりと決めておく事をお勧めします。ひとえに葬儀業者といっても大規模な式が得意な業者、家族葬が得意な業者など様々です。急なことだと業者任せになってしまいがちです。後々不満を残さないためにも、あらかじめ自分でしっかりと考えておく様にしましょう。



町田 不動産

Calendar