任意売却物件の購入について

任意売却物件の購入について

任意売却物件の購入を皆さんは経験されたことがありますか?
任意売却の物件を購入するにあたっては、競売と違い一般の不動産の購入と同じで家の中を見る事ができます。  
任意売却物件は通常の不動産と同じ様に購入する事ができますが、通常の不動産価格よりも価格がやや低めに設定されている場合が多いです。
これは購入者としては当然ありがたいポイントだと思います。  何となく任意売却物件と聞くと、良くないイメージをもたれるかもしれませんが、必ずしもそんな事はなくて、それは中を見て判断するだけの事です。  ただ少々面倒なトラブルがないわけではありません。
それは例えば家の中にある様々な物の処理です。つまり残置物です。これは事前に売主に対してしっかりと話をしておく必要性があります。  それから最初に申した事と絡みますが、任意売却物件はもともと価格が低めですので、価格交渉はかなり難しいです。物件によってはできる場合もありますが、そうでない場合がほとんどです。


自己破産の前に任意売却をしておいた方がお得

"会社が倒産したり、家業に失敗したりして住宅ローンが払えなくなったことで、自己破産をせざるを得ない人が毎年数多くいますが、どうせ家を手放す覚悟があるのなら、自己破産をする前に任意売却をした方が賢明です。 自己破産をする時に家を所有したまま申し立てるのと、任意売却をしてから申し立てるのでは掛かる手間が違いますし、費用も大幅に安く済みます。 仮に、財産でもある家を所有したまま自己破産をすると管財事件となるため、裁判所に50万円程度の予納金を収めなければなりません。また、破産管財人が選任されて財産の処分が行われるため、破産処理に1年程度掛かります。 しかし、任意売却をして財産が無い状態だと管財事件ではなく、同時廃止事件として扱われるため、費用は3万程度で済み、また、裁判所の手続きも簡素化されて、3カ月くらいで免責が決定します。なお、弁護士に依頼した場合の報酬も、同時廃止事件の方が管財事件の場合より20万円以上安くなります。 その他、任意売却の方が家を高く売れますし、転居においても競売は強制ですが、任意売却では債権者からの協力が得られます。

【神奈川県(他市・町)】
任意売却 相模原市/ 任意売却 鎌倉市/ 任意売却 逗子市/ 任意売却 三浦市/ 任意売却 葉山町/ 任意売却 厚木市/ 任意売却 大和市/ 任意売却 海老名市/ 任意売却 座間市/ 任意売却 綾瀬市
任意売却 愛川町/ 任意売却 清川村/ 任意売却 平塚市/ 任意売却 茅ヶ崎市/ 任意売却 秦野市/ 任意売却 伊勢原市/ 任意売却 寒川町/ 任意売却 大磯町/ 任意売却 二宮町
任意売却 南足柄市/ 任意売却 中井町/ 任意売却 大井町/ 任意売却 松田町/ 任意売却 山北町/ 任意売却 開成町/ 任意売却 小田原市
任意売却 箱根町/ 任意売却 真鶴町/ 任意売却 湯河原町/

Calendar