金融機関や買い手から見た任意売却

金融機関や買い手から見た任意売却

任意売却についての理解を深めるために、債務者ではなく、金融機関や住宅の買い手側の視点で任意売却について考えてみましょう。
まず、金融機関にとっては、任意売却になる方が、競売になるよりもずっと好都合です。 競売をやるとなると、煩雑な手続きをとらなくてはいけなくなりますし、競売をやったとしても回収できる金額はそれほど多くありません。 また、競売をしてしまうと債権者と今後、連絡がとれる可能性が低いですし、ローン完済の可能性はほぼ無くなってしまいます。
任意売却をすると引越し代を金融機関が任意売却代金から出してくれますが、競売を避けられたメリットを考えれば、引越代ぐらいはどうということの無い支出なのです。
次に、任意売却する住宅の買い手からすると、通常の中古住宅と比べると若干マイナスな面があります。 例えば、引越し前に任意売却をする場合は、内見の際に隅々までチェックすることができません。
また、管理費の滞納があったりすると、そのあたりのトラブルも引き継ぐことになるといったマイナスもあります。


任意売却をする上での注意点をまとめてご紹介します。

任意売却をお考えの方へ。
任意売却は誰もが簡単にできるわけではないことを理解しましょう。
まず、1番重要な条件は、債権者が複数いる場合は、すべての債権者の了承が必要になるという点です。つまり、1人でも債権者が任意売却をすることに反対していると難しくなるという事です。そこは交渉次第で変わってくると思います。経験のない人が交渉するよりも、交渉のプロフェッショナルにお願いしたほうがいいかもしれません。
任意売却を専門でやっている相談員がいるので、まずは話をしてみましょう。
もう1つ注意して欲しい点は、裁判所が動き出し入札が開始されてしまうと、任意売却は難しくなってしまうという点です。いかに、敏速に動くことが大切なのかお分かりいただけたと思います。つまり、自宅を売ることがショックでも落ち込んでいる時間はないということです。
落ち込んでいる時間があるなら、任意売却できないかどうか相談してみたり、すぐに動いてみることをおすすめします。

東京都下(市部)】
任意売却 八王子市/ 任意売却 立川市/ 任意売却  武蔵野市/ 任意売却 三鷹市/ 任意売却 青梅市/ 任意売却 府中市/ 任意売却 昭島市/ 任意売却 調布市/ 任意売却 町田市/ 任意売却 小金井市
任意売却 小平市/ 任意売却 日野市/ 任意売却 東村山市
任意売却 国分寺市/ 任意売却 国立市/ 任意売却 福生市/ 任意売却 狛江市/ 任意売却 東大和市/ 任意売却 清瀬市/ 任意売却 東久留米市/ 任意売却 武蔵村山市/ 任意売却 多摩市
任意売却 稲城市/ 任意売却 羽村市/ 任意売却 あきる野市/ 任意売却 西東京市 任意売却 瑞穂町/ 任意売却 日の出町/ 任意売却 檜原村/ 任意売却 奥多摩町

Calendar