宗教別の焼香の違い

宗教別の焼香の違い

押さえておきたい宗派別の焼香のしかた

葬儀に参列した際、いざ焼香をするときになって考えたことはありませんか?「何回やるんだっけ??」と。焼香も宗派別で実は違いがあるのです。案外知らないことですよね。

葬儀社の選び方 事前に決めることをお勧めします 家族と相談しましょう


そもそも焼香というのは、ふたつの意味があります。ひとつは、仏様へ匂いを届けるという目的のためです。なのでやはりなるべく良い香りのものを選びたいもので、中でも沈香が最高だとされています。ふたつめに、焼香の香りが周辺に漂うことから、平等を意味していると言われます。誰が焼香をしても香りは周辺に分け隔てなく漂うことからだと考えられます。

したがって、特定の人が何回も沈香をつまむのは平等の精神に反するということにもとられかねないということになります。では宗派別の焼香の回数についてです。

【天台宗】焼香:3回、線香:3本 
【浄土宗】焼香:3回、線香:1本を2つに折って。
【真言宗】焼香:3回、線香:3本 
【臨済宗】焼香:1回、線香:1本 
【浄土真宗本願寺派】焼香:1回、線香:1本を2つに折って火をつけて香炉に寝かせる 
【浄土真宗大谷派】焼香:2回、線香:1本を折って火をつけずに供える 
【曹洞宗】焼香:2回、線香:1本 
【日蓮宗】焼香:1回、線香:1本を立てる 
【日蓮正宗】焼香:1回、線香:1本を折って灰の上に置く。

細かいことですが宗派によってさまざまですね。

焼香の仕方としては、順番に出て行く場合は、まず僧侶と喪主に会釈をし、手には数珠をかけて正面に向かって両手を合わせて合掌します。抹香を宗派の方式に添って親指、人差し指、中指の三本指でつまみ、香炉に入れます。香炉から香煙が漂ったら正面に向かい、静かに合掌をして、僧侶と喪主に会釈をして次の方へ場所を譲り席へ戻ります。他の出席者の方々へ一礼できるとさらに良いです。

座礼の場合は、正面に進むとき、腰をかがめて進みます。焼香が済んで合掌して下がるときには、僧侶、喪主に一礼して立ち上がって下がります。回し焼香の場合には、お盆に載せてある香と香炉が回ってきたら正面を向いたまま合掌礼拝して隣へまわします。

神式の場合には、焼香の代わりに玉串を捧げることになります。最初に持った手の上下の状態を神前に置くときには半回転して上下を逆にします。

神前では仏式の合掌に代わり二礼二拍手一礼をします。それぞれの宗派や宗教に合わせて礼を失することなく振舞えると素晴らしいですが、なかなか把握しきれるものでもありませんね。


どのように葬儀社を選んでいますか。おすすめの葬儀社の選び方は、生前に複数の葬儀社を訪れることです。パンフレットや、インターネットのホームページだけで判断せずに、一度葬儀社に行くことをお勧めします。実際に見ないとわからない部分もたくさんあります。説明するときに対応してくれるスタッフの態度もきちんとチェックしましょう。自分が亡くなった時に任せられるかどうか、丁寧に教えてくれるかどうかなどいろんな観点で判断しましょう。




町田 不動産

Calendar