生きているうちから葬儀の相談をしましょう

生きているうちから葬儀の相談をしましょう

基本知識~生きているうちから葬儀の相談をしましょう~

いまちょっとしたブームになっているのが、生前の葬儀相談というものです。

葬儀社の選び方 資料を取り寄せることをお勧めします見学もしましょう


生きている位置から自分の葬儀の内容を自分で決めておくというものです。最後はどのようにして送られたいという願いがある方もいるでしょう。積極的に自分の夢を実現しても良いでしょう。

ただ、あまりにこった内容にすると、ご家族に葬儀の負担をかけてしまう事もあります。そういった部分には気をつけつつ、自分のしたい葬儀について決定をされるべきです。

また、葬儀の値段の相談もあらかじめする事ができます。

ただ、いつなくなるのかということはできませんので、あくまで事前の見積りといった形になります。

その価格のまま葬儀が行われない事もありますが、葬儀の相場を知るためにも見積りを受けるのはお勧めです。

 

葬儀で気をつけるべきマナー数点

葬儀を行う場合に気をつけるべきマナーについていくつか紹介します。

まず葬儀に出るときの服装マナーです。礼装で行うのが基本ですが、急な葬儀だった場合は平服でも問題になることは少ないようです。ただしそれでも派手な色の服装は避けるべきでしょう。赤などの派手な色は避けて、黒に近い地味な色を選ぶようにしましょう。

通夜で亡くなられた方のご遺体の側にいることになりますが、席に座る順番は血縁の近い人が祭壇の近くに座ります。夜通のお清めで喪主から渡された時は、一口でも口にするのがマナーです。
ただ家族、親族たちは看病疲れや葬儀の準備などで疲れているため、早めに済ませるよう配慮すべきです。
葬儀を良いものにするためにも、葬儀を行う前にある程度マナーについて知っておいてください。

後悔しない葬儀社の選び方は、自分で情報を集めることです。親戚や友人に紹介されたからといって、自分に合っているかどうかわからないからです。パンフレットやインターネットのホームページを見て、丁寧で分かりやすいところをお勧めします。どのような葬儀をするのかを明確にしているところにしましょう。また、気に入ったところの電話番号を控えておいて一度連絡したり、見学することによってスタッフの態度がわかると思います。



町田 不動産

Calendar