葬儀場での受付について

葬儀場での受付について

基本知識~葬儀場での受付~


葬儀場に行くと、受付に向かいます。受け付けは、故人が会社勤めだと知人・親類と会社関係に分かれています。無職の方ですと、親類と友人・知人に分かれています。

葬儀社の選び方 事前に決めておくようにしましょう 電話をお勧めします


自分に該当する方で記帳します。葬儀場の受付に並んだときに香典を袱紗から取り出しておきます。香典は、両手を添えて受付の方に渡します。この時に、「この度はご愁傷様でございます」と一言添えるようにします。

出先から通夜に向かうときは、香典は持っていません。出先なのに、持っていれば葬儀を知っていた訳ですから、とても失礼なことになります。持っていなくて、当然なのです。また、通夜で香典を渡していれば、告別式に再度、持っていくことはありません。このように香典がないときは、記帳だけ済ませます。気になるなら、葬儀場の受付の方に通夜に参列させていただきました。と、伝えれば大丈夫です。

葬儀社を選ぶのは人生に一度か二度くらいしかありません。生前に自分がお世話になるところを選んだり、親戚のために選んだりなど大切な人が関わることが多いです。そのため、後悔しないようにする葬儀社の選び方は一度気になる葬儀社に電話することをお勧めします。電話でスタッフの態度や、説明の仕方である程度は判断することができるからです。友人や病院に紹介されたからそこがいいとは限らないので、自分で資料を取り寄せて複数の葬儀社を見ておくようにしましょう。


葬儀へ参列は、お金を持っていくことではなく、参列することに意味があるのです。そういった理由から、上司の代理やご主人の代理で参列することがあります。その場合は、参列できなかった人の名前だけ記帳します。若しくは、その下に小さく、代理 ○×とか、妻が代理の場合は 内 ○×○ と書き添えます。


町田 不動産

Calendar