法的諸手続き

法的諸手続き

基本知識~法的諸手続き~
葬儀後に速やかに行う法的手続きの知識について

故人が世帯主の場合には変更をしなければなりません。新たな世帯主が誰なのかを相談して、決定した方の名前で登録しなおす必要が出てくるようです。

葬儀を安くしましょう。そのための葬儀社の選び方は明瞭な見積りを出す業者をお勧めします。



預貯金の扱いについては「死亡届」を出した時点で凍結されるのは前にもお話したとおりです。これは相続する財産としてみなされ手続きをしないと引き出せないようにするためです。これを引き出し可能にするには相続が終わってから必要書類を銀行などに提出することで名義が変わり引き出し可能な自分の財産になるのです。

他のものに関しても名義を変えなくてはいけませんしクレジットカードは解約をしなくてはいけません。そのまま使うことのないようにしましょう。

生命保険は請求申請が必要です。こちらから申請しないで放っておいても保険会社は知らせてくれませんので忘れないうちに手続きしましょう。保険金の支払いに関しては故人のなくなった状況により審査をされますので、他に提出するものが増えることもあるそうですよ。

国民健康保険の加入があった場合「埋葬料」などが支払われることもあります。地方によりことなりますので必要な書類についてはお住まいの地域の役所に相談や問い合わせをして見ましょう。

年金についても、それようの「死亡届」の提出が必要で条件がそろえば「遺族年金」の支給対象になります。

葬儀はかならず行われる儀式となるため、さまざまな葬儀社が存在ます。 そして、その費用は決して安いものではないため、少しでも費用を抑えるために、さまざまな業者のなかから選択することになるでしょう。 そこで、葬儀社の選び方として、経営年数が長く実績のある葬儀社を選ぶことをお勧めします。 その理由としては格安を語る業者は多いですが、追加料金と称して最初の見積りにない金額を請求するケースも少なくないからです。 こうしたトラブルを回避するためにも、信頼性が高い実績ある業者を選ぶようにしましょう。



町田 不動産

Calendar