納骨

納骨

基本知識~納骨~
ご自宅で安置されていた遺骨とのお別れのときが来ました


四十九にち法要にあわせて納骨するのが多いようですね。納骨の際に必要な書類といえば何度も登場していますが「埋葬許可証」です。火葬場から忘れずに持ってきていますよね?お墓を用意された方で必要になるものは墓地の「使用許可証」も持参しないと納骨できないのです。

葬儀社の選び方は口コミ重視をお勧めします。そして担当者と直に話しをしましょう。


本位牌も仏壇もそうでしたが、お墓にも「開眼供養」をお坊さんにしてもらわないといけません。なんでも用意するだけではいけないのだそうです。四十九日法要が終わったら納骨式を執り行います。遺族が集まり行うもので、ご遺族の代表の方が遺骨をお墓に納めてから、お坊さんにお経を上げてもらい、お焼香して、集まった遺族で会食をします。

納骨の時期は四十九日と書きましたが、ご遺族の事情、お墓が用意できていない場合などございますでしょうから期限としては三回忌までには納骨できれば良いのだそうです。

納骨の日付は四十九日だからと勝手に決めてよいのではなく前もってお坊さんに相談して日取りを決めないとお坊さんのスケジュールが埋まっている場合もありますから気をつけてください。

納骨式はごく親しい方だけにご参加いただくもののようです。参考までに。依然お話したとおり「遺骨が自然に帰る」ようにするのか否かについては、ご遺族の間で話し合っておいたほうがいいですよ。これも、あとになって「集合墓地に移すのに」とか「納骨堂に変更したいのに」など揉めるケースがでてくるそうです。

葬儀社の選び方で最も重視すべきなのは口コミです。 あわてて病院等が紹介する葬儀社を選ぶ必要はありません。 また、遺族を急かしてくる葬儀社はいい葬儀社とはいえないでしょう。 インターネットの情報や周囲の人の意見を仕入れて、よく考えましょう。 自分で葬儀社に足を運ぶこともお勧めします。 そして担当者と話をしましょう。 お葬式の良し悪しは担当者の人柄で大きく左右されます。 信頼できないと感じたら、ほぼ決まりかけていても断ってしまってよいのです。



町田 不動産

Calendar