墓参り

墓参り

基本知識~墓参り~
お墓参りに必要なものとそのマナーについて


もって行くものとしては雑巾、ほうき、ちりとり、線香、供物、ろうそく、お花、などですね。バケツとひしゃくは墓地に備え付けてあることがおおいですが混み合うときはバケツの取り合いになりますから1つは用意していったほうが無難かもしれませんね。

葬儀社の選び方のポイントを整理しましょう。早めのチェックをお勧めします。


まず、墓石にお水をかけて雑巾でぬぐいます。上から順番に流していくのが良いそうです。よく墓石の鉄片からバシャーっと水をかける人がいますが故人の頭から水をかけるようなもので失礼に当たりますので気をつけましょう。

墓石の掃除が終わったあと雑草が生えているようなら綺麗に抜きます。枯葉などが吹き込んでいるときは、ほうきとちりとりで綺麗に掃除しましょう。一通り掃除が終わったらお供え物とろうそくやお花をさして、お線香に火をつけましょう。

これで、お参りの準備が整いました。お坊さんのお経はなくても釜今sね。数珠を手に持ち姿勢を低くして拝みます。供物や花を置いてくる人もいますね。もちろん清掃の方が片付けてくれることもありますけれど、カラスなどが散らかしてはせっかく掃除したのに、お墓周りがまた汚れてしまいます。

故人もご先祖様も気分の良いものではないでしょうから、お花と供物は持ち帰ることをオススメします。それから集めたごみを適当に捨てている人がいますが所定のごみ置き場に捨てるのがマナーです。

葬儀社の選び方は、いざその場になってからでは遅く十分吟味できないことがほとんどです。早めにいくつかの葬儀社情報を比較検討しておくことをお勧めします。葬儀社では多くの場合、様々なパッケージになっていることがほとんどです。予算とそのパッケージ代に加え、追加料金を含めたトータルの金額規模を大凡つかんでおくようにしましょう。通夜、告別式と慌ただしい他、大切な人を亡くした悲しみでお金のことを後回しにしがちですが、だからこそ事前準備をお勧めします。



町田 不動産

Calendar